ブログ

Share
イベントレポート

GDC 2019 イベントレポート

by Yu Nakamura on Mar 28, 2019

みなさんこんにちは!AppLovin の中村です。今回の記事では、3/18~3/22までサンフランシスコで開催された GDC(Game Developers Conference) のレポートをお届けします!

会場はサンフランシスコ市内の中心地からほど近い、Moscone Center という施設です。

市街地にあるためホール一つ一つは大きくないものの、3つの隣接する建物と地下1階から地上3階までをふんだんに使い、公式ページに “the world’s largest professional game industry event” とあるとおり、B2B メインにも関わらずかなり広く感じました。

(会場となっている Moscone Center。写真上部の渡り廊下は各建物を繋いでいます。)

 

GDC にはカンファレンス(講演)とエキスポ(展示)があり、初日2日間はカンファレンスのみ、後半3日間はカンファレンスとエキスポ両方楽しむことができます。今回は、エキスポについて詳しくご紹介したいと思います!メインのエントランスからエキスポブースの入り口へと進み、

エスカレーターを降りるとまず最初に見えるのが Unity, Unreal, AWS といったゲーム開発支援ツールのブース。

どのブースもとても丁寧に一つ一つの開発技術を伝えており、熱心な開発者さんで溢れていました。

中にはミニセッションを行っているブースも。ゲーム開発未経験の僕にとっても、大変勉強になる内容でした!

エキスポの見どころは、もちろん開発者支援のブースだけではありません。昨年より規模は小さくなっているものの、VR に特化したゲームをまとめて展示しているブースもあり、僕も VR 体験をしてきました!

僕が体験したのは VR を使った音ゲーだったのですが、音も映像も周りには見えていないのでさぞ滑稽な姿だったと思います。僕はノリノリで楽しんでいますw

ほかにも、モバイル向けのカジュアルゲームを開発している会社のブースでは、自社ゲームのコンテストが行われていました。普段から、カジュアルゲームのマネタイズをお手伝いさせて頂いている僕としては、挑戦しないわけにはいきません。

今回挑戦したのは「Dunk A Lot – Tournaments」(iOS | Android)というゲーム。上から下に落ちてくるボールをタイミングよくタップし、リングに入れていくというシンプルなものです。ハイスコアを競うものなので、根気よく何度もトライしたのですが、残念ながら僕は実力及ばず。。。

しかし、共に参加した弊社片木は3位入賞し、アマゾンギフトカードを50ドル獲得!

(嬉しそうな片木、うらやましそうな女性、MC の Nick さん)

 

ちなみに1位の商品は Xbox。しかもこのコンテスト、なんと30分に1回ずつ開催されており、景品も毎回超豪華でした。さすが世界最大級のゲームイベントですね!

そのほかにも、Microsoft, Playstation の大きなブースもあり、コンソール系のゲームも多く展示されていました。

これまでの歴代コンソールゲームを並べて展示しているブースでは、初めて見るものから幼少期にプレーした懐かしいものまで、数多くのゲーム機が並んでいました。

こちらが1972年に出た Atari 2600 という機種、展示されていた中では一番古いもの。Atari からすべてが始まったといわれているゲーム機らしいです。

ほかにも NES (日本未発売)のスーパーマリオ、プレステ のクラッシュ・バンディクー、Nintendo 64 のマリオカートなど、時代を彩った名ゲームが多数展示されていました。

なぜ急に僕がコンソールの話を始めたか・・・お気付きの方も多いと思います。今回の GDC での大きな話題は、コンソールや携帯ゲーム機という概念を覆すかもしれない、 Google の新たな発表でした。

それがこちら!

その名も Stadia!

Stadia はゲームストリーミングサービスで、ネット環境さえあれば、PCでもスマートフォンでも、いつでもどこでもプレーすることができます。

(Chrome 経由でアサシンクリードをプレイしている様子。グラフィックがとても綺麗ですね)

 

しかもストリーミングでのゲームプレイなので、ソフトのダウンロードも必要なく、リンクをクリックすれば最速5秒でゲームをスタートすることができるのです!友達が Facebook でシェアしたゲームも、YouTube で実況動画を見ているゲームも、その場で一瞬でプレーできるようになったらそれはもう革命ですね!

一般的なコントローラーも使用可能とのことですが、Google からも専用のコントローラー(Stadia Controller) が発売される予定だそうです!

 

Stadia は今年ローンチ予定とのことですが、最初はアメリカ、カナダ、ヨーロッパでスタートするそうです。現在のところ、日本でのローンチ時期は未定です。タイムラグや価格の問題など、懸念されている点はいくつかありますが、個人的には楽しみに待ちたいと思います!

 

Stadia の話で興奮してしまいましたが、GDC Week の魅力は GDC そのものだけではありません。街中いたるところで毎日と言っていいほど様々なパーティーが開催されています!

AppLovin も adjust、mparticle との3社共催でアフターパーティーを開催しました!

たくさんのお取引先様・関係者様にご来場いただき、最後の最後までパーティーは大盛況でした!ご来場いただいた皆様、どうもありがとうございました!

初めて参加した GDC ですが、新しい技術を知り、普段出会わないような世界各国の方々とたくさんお話することでたくさんの刺激をうけました。GDC で感じた熱量を日本に持ち帰って、自分ももっとがんばらねば!と感じられる、素敵な一週間でした。まだ行ったことのない方は、ぜひ来年参加されてみてはいかがでしょうか?

Yu Nakamura|Business Development

社員募集中! 採用情報はこちら