ブログ

Share
お知らせ, デベロッパー

モバイル収益最大化の未来、「MAX」をローンチ

by Nori Hayashi on Sep 13, 2019

AppLovin は2018年9月、より効果的なアプリ内ビディングのテクノロジーを提供できるよう、MAX を買収しました。MAX チームはデベロッパー様からフィードバックを集め、モバイルゲームデベロッパー様が収益最大化するためのプラットフォームの構築に努めてきました。

1年間の集中的な取り組みの末、ついに「MAX by AppLovin」を正式にローンチすることとなりました。アプリ内ビディングによる収益最大化のソリューションで、モバイルゲームデベロッパーの皆様のニーズにお応えします。


モバイルゲーム全体のエコシステムへのメリット

アプリ内ビディングはモバイル業界にとって重要なドライバーになっています。従来の収益化プロダクトを超えるような、そして独自のニーズに応えてくれるようなソリューションが、モバイルパブリッシャーの求めるものとなっています。

MAX の目標は、AppLovin の強力なプラットフォームのインパクトを活かして、モバイルのエコシステム全体を成長させることです。AppLovin は、世界の約90%の有力モバイルゲーム企業をお客様として、DAU3億人へのリーチを誇り、お客様が毎年10億件以上のインストール件数を達成するサポートをしています。AppLovin が世界のモバイルゲームデベロッパー様の重要な成長エンジンとしての役割を果たす一環として始動する MAX は、モバイルゲームのエコシステム全体の成長に結びつくはずです。MAXにより、パブリッシャーが収益拡大を実現して、さらなるゲーム開発とビジネスの成長につなげられるようなサポートを提供してまいります。

モバイルゲームデベロッパー様の成功は、私達の成功でもあります。


MAX で変革を

デベロッパー様のニーズは進化し、よりスピーディーで革新的、そして特色のあるツールが求められています。MAX では、収益拡大につながるパワフルな機能を提供し、こうした全てのニーズを満たします。MAXの特長は次のようなものです。

  • 詳細な API レポートとパフォーマンス分析
  • 広告リクエストごと、連携ネットワークごとの数字を透明化
  • 同時入札によって需要の多様化とCPM(インプレッション単価)最大化を実現
  • A/Bテスト機能でマネタイズの最適化


パートナー様のニーズを明確に理解して徹底的に取り組むことが、より良いマネタイズ向けプラットフォームの成功のカギです。AppLovin は MAX を通し、モバイル広告収益化を向上できるよう、これからも努力してまいります。

 

MAX で収益最大化

MAX は一部のお客様に向けてベータ版で提供を開始していましが、すぐにマネタイズのソリューションとして好評を得ました。MAX では公平なオークションで競争が高まり、機能を利用するデベロッパー様間ではARPDAU(デイリーアクティブユーザー1人当たりの平均収益額)が安定的かつ持続的に伸びています。


ベータ版をご利用のお客様の声をご紹介します。

元々のメディエーションでも最適化には力を入れており、できることはやり尽くしたと思っていたので、正直LTVがすぐに上がるとは思っていませんでした。それが、MAXを導入するだけでLTVが5%以上増加し、はじめは自分の目を疑って何度も確認しました。その後もA/Bテスト機能によりメディエーションの最適化を行うことで最終的に10%以上のLTVの増加を達成でき、MAXのパフォーマンスは本物であるということを確信しました。また、ダッシュボードのレポーティング機能で詳細な売上の分析が可能になり、より正確な収益予測を行えるようになったことでユーザー獲得も効率化し、弊社の利益増加に大きく貢献してくれました。MAXはただのAd Mediationの枠組みに収まるサービスではなく、最適化、分析などを含めトータルでサポートしてくれるプラットフォームといえると思います。そのおかげで、普段の煩わしい作業から開放され、より面白いゲームを作ることに注力できるようになりました。」

Geisha Tokyo、CEO、田中泰生

 

「どのメディエーションを使用するかを迷っているなら、まずは MAX を試してみるべきです。MAX を導入することで、平均して10%~20%の収益をアップさせることができました。また A/B テスト機能を使用して、最適な設定を自社で探りだすことが可能です。A/Bテストを何度も繰り返すことで、よりアプリの収益性を高めていくことができました。」

Goodia、CEO、深野真人


AppLovin は MAX をより多くのお客様にお使い頂けるよう始動しつつ、引き続きスピード、パフォーマンス、スケーラビリティを提供できるようなプロダクトの構築に取り組みます。

MAX の利用申請はこちらから!

Norikazu Hayashi|Country Manager, Japan