Share
デベロッパー, イベント

Amplify Tokyo 2020 イベントレポート

by Amy Mills on Jan 24, 2020

2020年に開催する様々なイベントの第一弾は東京にて、AppLovin Amplify Tokyo を開催しました。今回のセミナーでは日本だけでなく韓国やベトナムなど、5カ国から70名を超える参加者にお越しいただき、最新のマネタイズ戦略、ユーザー体験やセキュリティの向上、そして最新のクリエイティブトレンドについてのディスカッションが行われました。

本日のブログでは、当日の様子を写真とともにレポートいたしましす。

まずはこの日の最初のパネルディスカッションが開始。Facebook Audience Network の戦略パートナーマネージャーである Daniel Rowland 氏と芸者東京の CEO、田中泰生氏がモバイルゲームの成長を維持する方法についてディスカッションを行いました。モデレーターは、AppLovin 日本法人代表の林が務めました。3名は常に変化を続ける業界の中で、開発者にとっていかに継続的な成長に適した収益化戦略が必要かについて議論しました。

「ゲームデベロッパーとして最優先したいのは、ヒットする面白いゲームを開発すること。AppLovin のような、マネタイズをサポートしてくれるプロフェッショナルに頼ることで、この優先事項にフォーカスすることができます」と語ったのは芸者東京の田中氏。アプリ内ビディングはパブリッシャーと広告主両方に成長と収益をもたらすことで、新しいスタンダードとして台頭し始めています。

その後はAppLovin が提供するアプリ内ビディングソリューション『MAX』のゼネラルマネージャーである Idil Canal がステージに登壇し、Popcore の共同創設者である Johannes Heinze氏と Thomas Heinze氏を迎えて、「MAXでモバイルゲームを App Store のトップ10に押し上げる方法」についてディスカッションを行いました。Thomas 氏とJohannes 氏は、MAX でいかに収益増につなげられたか、また、マネタイズに費やしていた貴重な時間を、ユーザーのゲーム体験向上のための時間に転換できたことについて自身の経験を語っていただきました。「大切なのはスピードです。Sandwich は、月初にアイデア出しをして、月末には2000万ユーザーを獲得しました」と、Thomas氏は語ります。

3つ目のパネルディスカッションでは AppLovinの Sunny Bhasin がモデレーターを務め、Brainium の Michael Chronister 氏、Zynga のMatt Frankenstein 氏、そして AppLovin イスラエルの米国ゼネラルマネージャー、Omri Weinberg を迎え、ブランドセーフティ対策について議論が行われました。Zynga と Brainium は AppLovin が昨年買収した SDK 管理ツール『SafeDK』を活用しています。「アプリ内広告によってユーザーエクスペリエンスが損なわれないようにするのは極めて重要です。SafeDK はこれを防ぐのに非常に役立ちました。」とBrainium の Michael 氏は語りました。

この日最後のパネルディスカッションは、広告クリエイティブに焦点を当てた内容でした。AppLovin のデザインマネージャー、Sam Penaと Amanotes の Katie Van 氏が、いかにして広告クリエイティブを活用し、マーケティングおよび製品戦略を推進するかについて議論しました。まず Sam が語ったのは、広告を制作する上でのベストプラクティスでした。「ゲームの動画広告を制作する際に気をつけたいのは、ゲームの強調したいところにだけ焦点を絞ること。ゲームができることすべてをユーザーに見せたくなるかもしれませんが、押し付けすぎて圧倒させてしまわないように、一度に見せるのは1つか2つの特徴に抑えるのが一番です。」

Katie はその後、Amanotes が実際にどのようにクリエイティブテストをプロダクトストラテジーに活かしたかについて語りました。「Amanotesでは、プレイアブル広告と動画広告がユーザー獲得戦略において最も効果が高いことが分かったので、ベストな結果を得るためにA/Bテストをたくさん実施しています。また、プロダクト戦略を良い方向に動かすためにクリエイティブも使い始めました。例えば日本のオーディエンス向けに動画広告を作成する際、日本の音楽を使ってみることにしたんです。結果は非常に良いもので、実際のゲームにも日本の音楽を多く取り入れることになりました。」

学びに満ちた一日の最後には、Trunk Hotel でクロージングパーティが開かれました。参加者は美味しい軽食やカクテルを楽しみながら情報交換をしたり、この日学んだことについて話し合ったりしていました。店内ではなんとサプライズも!このイベントに出席するためにたくさんの方が海外から東京に来てくださったので、日本の文化をお見せしたく、日本の伝統的な楽器、三味線をフィーチャーした特別なパフォーマンスをご用意いたしました。参加者の皆さんはコンテンツに満ちた充実の二日間を締めくくるこの最後の演出を大いに楽しまれていました。

今回も大成功に終わったAmplify。ご参加いただいた皆さん、本当にありがとうございました。

AppLovin では今後も様々なイベントを準備しておりますので、ご期待下さい!

Amy Mills|Senior Marketing Manager, Japan