Share
広告主, デベロッパー

MAX 成功事例のご紹介

by Yu Nakamura on Mar 12, 2020

MAX by AppLovin は、全世界の多くのデベロッパーのゲームを成功に導いています。MAX を導入したデベロッパーが、どのようにして大きな成功を収めたのか、成功事例をまとめました!

MAX の導入をご検討中の方、「最近話題の MAX って一体何?」と思っている方、ぜひ一度御覧ください。

 

芸者東京は東京に拠点を置くゲームデベロッパーで、ハイパーカジュアルゲームのヒット作を多くリリースしています。

芸者東京は、広告マネタイズにおいて、ウォーターフォールの構築および最適化にかかる工数が多いことに悩んでいました。新規ゲームのビルド、テスト、およびグローバル展開をスピーディに行う必要があったためです。

MAXを導入し、複数のネットワークのビディングを使用できるようになった人気ゲーム『Traffic Run!』(iOS|Android)は、ARPDAUが向上し、収益も継続的にアップしました。

最終的に芸者東京は全ての新規ゲームに MAX を導入することで、作業時間を大幅に短縮し、チームはゲームの開発やテストマーケティングなどに集中できるようになりました。

芸者東京の事例について更に詳しく知りたい方は こちらのページ をご覧ください。

 

Azur Games はキプロス共和国のデベロッパーおよびパブリッシャーです。『スタックボール』(iOS|Android)をはじめとした、エキサイティングなゲームを多くリリースしています。

広告マネタイズを採用してからも、Azur は競合他社の一歩先を行き、 チャートのトップになるためには、急激な進化を続けるモバイルゲーム業界に素早く適応する必要があると考えていました。

MAX の導入によって、Azur は収益化の設定を最適化し、広告在庫の価値を高めることができたため、世界中でインストール数と収益を大幅に増加させることに成功しました。

Azur の収益は前四半期比で160%増加しました。 また、『スタックボール』は、2019年第2四半期に Android でのインストール数が 8300万回を超え、同四半期に世界でもっともダウンロードされたゲームとなりました。

Azur Games の事例について更に詳しく知りたい方は こちらのページ をご覧ください。

 

FUN-GI Gamesは、カリフォルニアに拠点を置くデベロッパーで、世界中で1,100万回以上ダウンロードされたゲーム『House Flip』(iOS|Android)で知られています。

しかし House Flip では当初、彼らが期待していた収益は出ておらず、FUN-GI のチームは、ウォーターフォールの最適化に時間を費やすこと無く、効率よくマネタイズする方法を探していました。また House Flip は収益最大化のために、ビディングの競争力を高める必要がありました。

MAX を導入し、A/B テスト機能を活用することで、FUN-GI は ARPDAU を25% 上昇させ、68%のデマンドがアプリ内ビディングによるものに改善されました。

FUN-GI の事例について更に詳しく知りたい方は こちらのページ をご覧ください。

 

ゲームのジャンルや種類に関係なく、MAX を利用してアプリ内ビディングを利用することで、大幅に収益を伸ばすことができます。MAX は収益増加や ARPDAU 増加など、目標とする KPI に合わせてカスタマイズし、目標を達成する手助けをいたします。

加えて、MAX はモバイルのエコシステム全体に利益をもたらします。消費者はより関連性の高い広告を視聴でき、広告主が広告費をより適切に配分することで、パブリッシャーはより高い CPM を獲得できます。

MAXの導入にご興味のある方はこちらのページ下部よりお気軽にご連絡ください!

Tags:
Yu Nakamura|Business Development