Share
デベロッパー

iOS 14.5とは?デベロッパーがゲームで一歩先を行くために知っておくこと

by Tomoya Katagi on May 13, 2021

最新の iOS 14.5 ではいくつかの変更点が追加されたことにより、広告主やデベロッパーは、Apple のプライバシーに関するアップデートに備える必要があります。 

 

iOS 14.5 のプライバシーに関する変更点 

新しいアプリやアプリのアップデートを App Store に提出して審査を受ける際に、アプリのデータ収集方法に関する情報を App Store のプライバシー情報欄に記載することが求められるようになりました。iOS 14.5では、「App Tracking Transparency」で許可を得た場合にのみトラッキングが可能となります。 

トラッキング目的でユーザーのデータを収集して他社と共有するアプリは、App Tracking Transparency の同意プロンプトのユーザー同意を得る必要があります。これは iPhoneiPadApple Watchにかかわらず、App Store すべてのアプリケーションに適用されます。アプリはすべて、App Tracking Transparency ATT)を実装し、トラッキングを有効にするためにユーザーの許可を得る必要があります。 

ユーザーレベルの粒度の高いデータが失われたことで、SKAdNetwork iOS の広告キャンペーンにおけるモバイルアプリの属性に大きく左右されることになります。このフレームワークは、Apple がモバイルアプリのインストール時の属性について、プライバシーに配慮したフレームワークとなっています。この属性処理は Apple によって促進されていることから、実際には App Store で行われ、プライバシーを守るためにユーザーの識別子を除いてネットワークに送信されます。 

このような変更は、広告主とデベロッパーに大きな影響を与えます。

iOS 14.5 のプライバシーに関する変更にアプリケーションを対応させることが私たちのビジネスにとって非常に重要なこととなります。 

 

モバイルアプリへの影響

iOSユーザーの約1030%は、すでに広告のパーソナライズ化を制限していますが、今回のアップデートにより、80%ものユーザーが、端末に表示される ATT のプロンプトでトラッキングを希望するかどうかを明確に尋ねられた場合、トラッキングを制限するようになると予想されます。 

この動きは、透明性を持ち、ユーザーレベルの粒度で知見を収集する方法を変えるでしょう。注目すべき変更点は次の通りです:

  •   SKAdNetwork の制限により、ユーザー獲得キャンペーンデータの利用可能性とターゲティングについて、広告キャンペーンの粒度が低くなり遅延するでしょう。
  •   大多数のユーザーが IDFA を広告主に提供することを拒否すれば、リターゲティング広告配信の減少につながります。
  •   有料インストールとオーガニックインストールの区別が、それほど明確にならなくなるでしょう。
  •   限定的な広告追跡を有効にするユーザーの増加に伴い広告の収益化を最適化する CPM やフィルレートが低下する可能性があります。

 

準備は万全に

ゲームの名前は「準備」です。皆さんとチームがこれらの変化をどのように対応するかを考えましょう。ここでは、先手を打つためのヒントをご紹介します。 

  •   更新:AppleSKAdNetworkフレームワークの変更を常に把握し、MMPパートナーと一緒にSKAdNetworkを設定します。MMPと連携することで、ダッシュボードからすべてをコントロールすることができます。これにより新しいプロセスやデータの収集、分析方法に合わせてアプリのコードを変更する必要はありません。これには、様々な広告ネットワークと結びついたSKAdNetworkからデータを収集し、その学習内容を今後のアプリマーケティングキャンペーンに反映させることが含まれます。
  •   戦略:トップオブファネル(TOFU)のユーザーに焦点を当て、どの初期イベントがライフタイムバリュー(LTV)に影響を与えているかを確認すると良いでしょう。理由として、最適化やアプリ内課金などのダウンファネルの指標の背後にあるデータを明らかにすることがより困難になるからです。
  •   自分の予算を把握する:iOS 14以降のアップデートでは、どうしてもUAによる消費がわかりにくくなります。そのため、パフォーマンスを評価し、ビジネスの成長を維持するためにAndroid向けの予算を増やすよう調整するまでは、iOS向けのマーケティング予算を調整することを検討した方がよいでしょう。
  •   収益を最適化する:広告で収益を得ているアプリについては、ネットワークSDKを最新のものにアップデートして、広告ネットワークからの収益低下の可能性を回避し、アプリのinfo.plistに広告主の SKADnetwork ID の最新リストがあることを確認し、アプリ課金者からの収益を最大化し続けるために、広告収益化戦略をアップデートする必要があります。ここではMAXを使うデベロッパーのために準備しておくべき項目を紹介します。
  •   メッセージ性:Appleのガイドラインに沿って、オプトインの流れや、ユーザーに向けたプライバシーメッセージのコピーをどのようにデザインするかを検討しましょう。(ここでは、アプリ内課金を利用したアプリのマネタイズにMAXを使用するデベロッパー向けの同意フローが記載されています。)トラッキングの意味をより深く理解してもらい、トラッキングによってアプリでの体験が向上する理由をユーザーに理解してもらうチャンスです。

移行に向けて

準備ができたら、チームと協力してこれらの新しいツールを活用し、新しい UA キャンペーンの実行を開始し、IDFA のオプトイン率をさらに最適化しましょう。新しい iOS 14.5 以降のアップデート後の最初の数ヶ月間にオーディエンスがどのような行動をとるかを理解することは、予算、キャンペーン、全体的な戦略を調整し、プライバシーに焦点を当てたこの新しい時代に継続したビジネスの成長に重要となります。

私たちは、皆さんがビジネスを継続的に成長させるための成功への準備をサポートします。ご質問や不明点がございましたら、担当営業または [email protected] までお問い合わせください。 

 

 

Tomoya Katagi|Head of Japan, Business Development