Share
イベント

Azur Games が語る、サステイナブルに成功するアプリの作り方

by Kae Mochida on Jun 3, 2021

Applovin Japan では先日、『スタックボール』『チェーンキューブ』などのグローバルヒットタイトルで知られる Azur Games の プロデューサーである Milana Gelmanova 氏、非ゲームアプリとして国内で安定的なマネタイズを実現している『トリマ』のプロデューサーである北谷尚大氏をゲストに迎え、イベントを開催いたしました。

「収益を出し続けるアプリ開発〜サステイナブルに成功するアプリの作り方〜」をテーマに進行された今回のイベントでは、ゲーム・非ゲーム両方の観点から、どこに着目してアプリを制作・運営していくべきなのかについて様々なインサイトを得ることができました。

本日の記事では、Azur Games の Milana Gelmanova 氏の発表からいくつか抜粋してご紹介します。

 

「チェーンキューブ:弱い指標からチャートトップへ」

ゲームの紹介

『チェーンキューブ』は、Azur Games がリリースしたハイブリッド・ハイパーカジュアルゲームです。キューブ同士を融合させ、新しいキューブにしていくのがゲームプレイの核となっています。 Milana は「良いハイパーカジュアルゲーム」のポイントは、プレイを何にも邪魔されないことだといいます。

  • ユーザーを引きつけ、没頭させるゲームプレイ
  • エンドレスにプレイ可能で、遊び続けることができる
  • 意図的に負けようとしない限り、負けることがない

これらすべてが揃った『チェーンキューブ』を、Milanaは「最高の暇つぶしゲーム」と評価しています。

 

テストからスケールまで

テストから本格的なキャンペーンの進行までは半年かかり、その間に50回以上のアップデートを行ったそうです。

実際に行ったアップデートの例:

  • インタースティシャル広告の表示頻度の調整
  • ゲームの難易度の調整
  • リーダーボードの追加
  • ユーザーを励ます画面の追加
  • ゲームの背景デザインの変更

ここまで試行錯誤を繰り返した結果、ストアでのゲームランキング、リテンション率が上昇し、より多くのプレイヤーを獲得することができました。

 

さらなるイテレーション、そしてテスト

上記アップデートの実装後、Milana のチームはクリエイティブとASOにフォーカスし、テストを繰り返しました。例えばA/B  テストを Google Play で実装し、毎回1つのデータに絞ってテストを行い、ベストな結果を iOS にも実装する、といった方法です。

また、各アドネットワークの独自のソリューションを活用することで、トラフィックの拡大にも成功しました。

AppLovin の MAX は、ウォーターフォールで A/B テストを行うための良いツールが揃っています。これにより各インプレッションに対して、最高の eCPM を達成できました。

MAX はもうご利用になられましたか?今すぐ収益を最大化しましょう。

 

『チェーンキューブ』が他のゲームと違う点

ハイブリッド・ハイパーカジュアルゲームと称される『チェーンキューブ』ですが、下記の点で他のハイパーカジュアルゲームとは異なっています。

  • ゲームの特徴による、セッションの長さ
  • 平均以上のリテンションレート
  • ユーザーロイヤリティの高さ
  • アプリ内コンバージョン率の高さ

これらはすべて、改善の繰り返しによって実現した結果です。より詳しい発表内容をご覧になりたい方は、動画をご覧ください。

 

AppLovin ではグローバルで活躍するデベロッパー様をお招きし、ウェビナーを開催しています。招待状をお受け取りになりたい方は、このブログ右段のフォームよりニュースレターにご登録ください。

Kae Mochida|Marketing Lead, Japan and Korea