Share
デベロッパー

モバイル広告における eCPM とは?

by Tomoya Katagi on Jun 16, 2021

CPM についてはみなさん聞いたことがあると思います。では eCPM と、その重要さについてはご存知でしょうか。

CPM と eCPM

CPM、またはコスト・パー・ミル(cost per mille)は、インプレッション1,000回ごとの広告キャンペーンのコストを表す指標です。ミル(Mille)というのはラテン語で1,000を意味します。エフェクティブ・コスト・パー・ミル(effective cost per mille)の頭文字を取った eCPM は、インプレッション数1,000回ごとにパブリッシャーが得る広告収入額を表し、広告インベントリの収益性を示してくれるので、デジタル広告では重要な KPI となっています。  

パブリッシャーにとっては: 

本質的に、eCPM からはアプリ内で配信された広告に効果があったかどうかが分かります。 eCPM が高ければ、配信した広告を通してコンバージョンが上がっているということです。 eCPM のパフォーマンスをしっかり把握することで、収益化戦略を最適化したり、予算を最大限効果的に使ったりできるようになります。 

広告主にとっては:

広告主やユーザー獲得に関してはeCPM は特定のキャンペーンで得られた広告費用を分析するのに役立ちます。各ネットワークは、収益の高い eCPM を優先するため、eCPM が高いキャンペーンがインプレッション数を多く獲得するようになります。インプレッションの価値を示してくれるため、広告主はこの指標を利用しています。 

なぜeCPMが重要なのか? 

eCPM は収益(一般的に、eCPM が高ければ収益も高い)に直接関係するので、利用方法はいくつかあります。 明確なゴールを設定すれば、パブリッシャーにとってはパフォーマンスが高い広告を特定するためにテストを実施するモチベーションになります。また今後の収益を予測するのにも eCPM は役立ちます。 

eCPM の計算方法

eCPM は、総広告収益を総インプレッション数で割った数値に1,000を掛けて算出します。 

広告の総収益 ÷ 総インプレッション数 × 1,000

多くの広告プラットフォームでは、パブリッシャー向けに eCPM を自動的に算出してくれますが、複数の広告プラットフォームを利用されている場合などは特に、算出方法を知っておくことは大切です。

eCPM を増やすには

eCPM は、マネタイゼーション戦略の最適化、あるいは以下のような方法で改善することができます。 

  •   よりスマートなソフトウェアを導入するたとえばアプリ内ビディングソリューションを提供する MAX のようなソフトウェアであれば、インベントリの競争力を高めてくれます。
  •   様々な種類の広告をテストする: 動画広告とバナー広告を比較し、テストをしてみたことはありますか?
  •   複数のアドネットワークを設定し、フィルレートを上げる: デマンドを増やし、インベントリの競争の機会を増やす一助となります。特定の地域に限定し、より条件の良いアドネットワークを見つけましょう。
  •   どの広告フォーマットユーザーのエンゲージメントが高いかを特定する: そのフォーマットに合わせて、今後の広告プレイスメントを最適化しましょう。
  •   月毎のトラフィックを増やす: 収益とに大きな影響をあたえます。
  •   ビューアビリティのスコアを改善する: ビューアビリティとは、アプリ内での広告の視認性を指します。広告主は視認性の高い広告やサイトをターゲットにし、そのようなインプレッションにより多く費用を使う可能性があります。

eCPM とマネタイゼーション戦略を改善しよう

スケールアップを考える場合、eCPM を増やすことは大きなインパクトがあります。どのようにすればマネタイゼーションに費やした労力を最大限活かせるかは、考える価値があります。 

ベストなソリューションがあれば、UA やアプリ内ビディングの拡大を実現し、世界中にいる新たなユーザーへのアピールも可能になります。AppLovin ソフトウェア・ソリューションがこれを叶えます。デベロッパーの皆さんが、AppLovin のソフトウェアによってビジネスを素早く、効率的に成長させることができると言ってくださっています。 

当社がこれまで皆さんのようなビジネスの拡大、目標達成を後押ししてきた事例を是非ご確認ください。 

 

 

Tomoya Katagi|Head of Japan, Business Development